お酒頭痛するようになったら筋肉が足りていないかも?

頭痛の原因

お酒を飲むと頭痛がする場合、飲む量に比べて自分の体の筋肉、体重が足りていない可能性があるというのだ。お酒を飲んでの頭痛の原因は他にも色々とあり、他の記事にも書いているが、ここでは、お酒頭痛と筋肉の関係を中心に見ていく。お酒と筋肉の関係について、ヤフー知恵袋で書かれていたものがあったので、紹介しておこう。

酔いの程度は血液に含まれるアルコールの濃度に比例します。つまり、分母となる血液量が増えれば、分子であるアルコールの許容量が増加するわけです。そこで、体重を増やすことが自分の酒量を増やすことに繋がります。かといって、肥満になると前述したような脂肪肝等によって肝機能が低下して却って酒量が減ってしまいます。肝機能を落とすことなく、体重を増やそうと思ったらウエイトトレーニングによって筋肉量を増加させるしかありません。肝臓が健康ならば、飲める量は体重に比例しますので、がんばって体重を増やしてください。 yahoo知恵袋から引用

頭痛を引き起こしている原因は?

ここで考える事ができるのは、飲める量が体重に比例するなら、飲めない量も体重に比例するという事。つまり、自身の体重、筋肉量以上にお酒を飲む事により、頭痛を引き起こしている可能性があるのだ。確かに、同じお酒の量を体重が違う二人が飲んだ場合には、体重が軽い人の方が血液に含まれるアルコールの濃度は増えるだろう。その結果、頭痛を引き起こす可能性も上がる。そう考えるとお酒を飲んで頭痛がするようになったのなら、ウエイトトレーニングなどによって筋肉量を増加させる事も解決するための一つの方法といえそうだ。

筋肉量を増加させる方法は?

筋肉量を増加させるためには鍛える必要がある。筋トレをする必要があるのだ。ジムなどに通うか、自宅でするかはそれぞれの長所、短所をしっかりと理解した上で、判断していきたい。筋トレ方法については他のサイトなどを参考にしてもらいたい。

鍛える事で他にもこんなにいい事が・・・

身体付きがよくなる

自分の体に自信がつく

姿勢がよくなる

肩こりに悩まなくなる

ダイエット効果も見込める

自分だけの時間を楽しめるようになる

よく眠れるようになる

ストレス解消になる

などなど。

まとめ

お酒の頭痛で悩んでいる場合は、一つの解決方法として筋トレをするのもよさそうだ。ストレス解消、肩こり解消、ダイエット効果などが期待できるのも大きなポイントといえる。体の健康のためにも私も始めてみたいと思っている。一度自分自身の体と向き合ってみるのも大事な事だろう。

コメント