お酒 記憶無くさない方法

情報

お酒を飲むと途中からの記憶がなくなる事がある。これはブラックアウトとも言われている。これはお酒の飲みすぎから起こってしまう事が多い。もちろん、お酒が弱い人なら少しだけしか飲んでないのに同じ事が起こる事があるかもしれない。この記事ではお酒を飲んでも記憶がなくさないための方法について書いていく。

アルコール濃度が一気に上がらないような飲み方をする

血中のアルコール濃度が上がりすぎると記憶がなくなる可能性が高くなる。アルコール濃度が一気に上がらないような飲み方をする事が大変重要。また、ヘパリーゼZなどのサプリメントの力を借りるのも忘れないようにしてもらいたい。ゆっくり飲む事を心がけ、テキーラなど、アルコール濃度が高いものばかりを飲まないように注意しよう。

空腹時で飲まないようにする。一気飲みをしないようにする。飲酒の合間にでチェイサー(水)を飲むようにする。

自分が大丈夫な量、適量を知る

自分が記憶を飛ばさない量を知る必要がある。自分が大丈夫な適量を知った上で、飲むようにするのは重要。おすすめの方法は、飲んだお酒の量をカウントしていく。例えば、ビールを注文する度にスマホでカウントしていくという方法などだ。これを習慣にする事によって、記憶をなくす量、自身が飲めるお酒の適量を知る事ができる。

初めは難しいが、自分の大丈夫な量以上は飲まないように徹底する。大丈夫な量の範囲内でやめる事を習慣化していこう。

自分自身をコントロールできるようにする

記憶をなくす量、自身が飲めるお酒の適量を知る事ができれば、自分自身をコントロールできるようにしていくことが非常に大事。自分の適量などを知ってもコントロールできなければ、結局飲みすぎてしまい記憶を無くすという繰り返しになってしまうからだ。お酒を飲むときは自分でルールを決めておくのも方法の一つだ。

いつも記憶を無くす人は、お酒の飲み方を知る事、自分に合った適量を知る事、飲む時間を決めておく事、帰りの電車の時間などを決めておく事が、かなり重要。

 

まとめ

お酒を飲んで記憶を無くさないようにするには、色々と対策が必要だ。まさに自分自身との闘いでもあるが、しっかりと考えて自分自身でルールを決めていけば記憶を無くしてしまうという悩みは解決していくだろう。

 



コメント