お酒 頭が痛くなる 対処法

未分類

飲んでいる最中は問題ないが、次の日に朝起きてみると頭が痛いという事はあるだろう。純粋な二日酔いであればいいのだが、飲みにいったら毎回頭が痛くなる場合はなんとかしたくもなるだろう。私もお酒が好きでよく飲んでいるのだが、頭が痛くなる事が多く、解決したく色々と調べてみた。ここでは経験談を踏まえて頭が痛くなる可能性が低くなる方法をいくつか紹介していく。

 

空腹時のアルコールは避ける

空腹時にアルコールを飲んでしまうと酔いが回りやすく。次の日頭が痛くなる可能性がかなり高くなる。これはおすすめしない。空腹時のビールなどはお酒好きにはたまらないが、次の日の事を考えたらやめておいた方がいいだろう。

サプリなどのアイテムを利用する

お酒が好きな人に多いと思うのだが、一度飲み始めたらどんどんお酒の量が増えていってしまう。私の場合も時間とともに、飲むスピードが早くなり、飲む量がどんどん増えていく傾向がある。つまり、止められなくなってしまうのだ。だがこれがかなり危険。次の日に頭が痛くなる可能性がかなり高くなる。何度もこの失敗をしている。飲む量をうまくコントロールできればいいのだが、やはり飲み始めたら止められないものだ。そういうときに私が飲んでいるサプリをご紹介しよう。これは飲みたい気持ちを止める薬ではなく、私の場合、次の日頭が痛くなるのを和らげるために飲んでいる。効果としては、簡単にいうとアルコールを分解を速めてくれて、次の日の頭痛、二日酔い軽減を期待するもの。

 

【医学博士監修】飲み会のお付き合いが多い方、不調を自覚している方、生活が不規則な方に是非【エカス ekas】

 

飲む時間を何時間と決める

飲む時間が長くなるとその分お酒を飲む量も増えるため、頭が痛くなるリスクが高くなる。これは多くの人が経験している事だろう。解決する方法は、飲む時間を前もって決めておく事がおすすめだ。例えば、2時間の間だけ飲むようにしたり、飲みにいっても2次会、3次会はいかないように、前もって決めておく。これはかなり有効な方法であり、お財布的にもおすすめの方法だ。

 

飲んでいる途中にチェイサー(水)を必ず飲む

これもかなり大事。飲んでいる最中ずっとお酒だけを次から次と飲んでいると、やはり頭が痛くなる可能性が高い。飲んでいる途中に、水を飲む事で体の中に入ったアルコールを和らげてくれる。飲みすぎてよく記憶をなくす人にもおすすめの方法。水をしっかりと飲む事によって、次の日に頭が痛くなる可能性がかなり低くなってくる。この方法を取り入れる事によって、格段に次の日の体調も変わってくると実感している。

寝る前にも必ず水を飲む

水を飲む事は大事。飲んで家に帰って、またお酒を飲んで寝るだけでは、次の日頭が痛くなるのは無理もない。寝る前にはしっかりと水を飲む事が大事。それだけでも全然変わってくるというのが私の実感だ。

ここまでお酒を飲んで頭が痛いと悩んでいる方に、実際に私がやっている方法をご紹介した。もちろんみんなに当てはまるわけではないだろうし、完全に解決できる話でもないだろう。ただ、お酒好きな人が頭痛で悩まず、楽しくお酒が飲めるための情報になっていれば幸いだ。

 



コメント